FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お見舞い

.26 2008 【日記】

【 コメント 】はココから

(0)

【Trackback】はココから
(0)

さて… 今日は 育ての親的 お世話になった方の お見舞いへ行って来ました…

うちの ママンと ママンの友達を連れて 奥タンと 4人で 国立病院へ…

行きの道中は っま 冗談まじりに 色々な話で にぎやかだったけど、
いざ 病院へ到着して、病室へ続く 道の途中で…

各部屋を 覗きながら歩いていると…
見た目は やっぱり 相当酷い状況の人ばかりが 目に入って来て…

覚悟は決めて 病室へ入りました…


そして、声をかけると にっこり笑って 起き上がる事もできる様で
色々な話をしてると、病状的には 結構良い方向へ向かってるらしく
点滴や薬などで、がん細胞を 小さくしてる治療らしくて
その細胞が 小さくなれば 次にそのがん細胞の切除をして
また 先の長い治療が 続くらしい…

ホントに 状況は 発覚した時にくらべると 良くなってるらしく
本人も 良く笑えてたので…

不幸中の幸いなのは、がん細胞が どこにも転移して無かった事…

ホント… ひとまずは 安心かな…


最初は 会って何を話して良いのか… どんな顔をすれば良いのか…
相当 悩んでいたけど…

今日は お見舞いに行って、本人と 話をして 状況が解った事で
安心は 出来たかな…


それでも、自分自身の 環境は変わらないので… なんとも言えないけど…
正直 まだ 悩んではいる…
現在の状況を 無くし就職を取るのか…
危機的状況を続けて 音楽を続けるのか…

comment
post comment
  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://kuntantan.blog35.fc2.com/tb.php/130-7beb0293
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。